ハイヤー乗務員の求人・採用情報【株式会社日の丸リムジン】

リムジンコラム

ハイヤー乗務員としてこれから必要になってくる○○力とは?

2018.6.4

ハイヤー乗務員としてこれから必要になってくる○○力とは?

 

ハイヤーは、タクシーとは異なりお客様からの予約に基づいて仕事を行うのが基本です。そのようなハイヤー乗務員に求められる能力とは、どのようなものでしょうか?詳しく見ていきましょう。

■外国人VIPの対応

ハイヤー乗務員は、特に国内外の企業の役員クラス、また有名人などVIPクラスの送迎を請け負うことがあるのも特徴です。このとき、国内VIPへの細やかな気遣いはもちろん必要ですが、外国人VIPへも同様のサービスを提供するのがハイヤー乗務員の仕事でしょう。そして、それを実現するためにはハイヤー乗務員にも高い語学力が必要となるわけです。このような理由から、ハイヤー乗務員が備えておきたいのは運転技術やホスピタリティに加えて、語学力であることがわかります。これからハイヤー乗務員への就職を考えている人で語学に自信がない人は、いささか不安に感じているかもしれません。しかし、ハイヤー会社によっては研修期間中に語学の学習ができるところもあり、安心して業務に就くこともできます。さらに、TOEICなどの受験料を補助してくれる会社もあるのです。その他、東京都には語学力を認定するTSTiEと呼ばれる資格があります。これは、外国人客への対応が増加する中でハイヤーやタクシー乗務員の語学力の向上を図るために実施されているものです。このような資格を取ることも、ハイヤー乗務員にとっては有効でしょう。日本においてもこれから国際化はどんどん進んでいきますから、その流れに柔軟に対応できることがハイヤー乗務員に求められる力です。

■ハイヤー乗務員は語学の勉強に適した環境にある

VIPクラスの外国人をはじめ、ハイヤーを利用する外国人すべてにきめ細やかなサービスを提供するためには、まずお客様がどのようなことを要望しているのかをくみ取る能力が求められます。つまり、語学力を磨いて外国語を話せるようになったとしても、お客様が話す言葉を正確に聞き取ることができなければ、お客様の要望を十分に理解することが難しくなるわけです。そのため、語学の勉強をするならまずヒアリング能力を鍛えることから始めるのがおすすめです。ハイヤーなら、お客様をお送りしてからお迎えに上がるまでの間など待機時間が多くなるものです。そこで、この時間に英語を聞き流すCD教材などを利用すると、効率的にヒアリング能力を鍛えられるでしょう。また、聞き流し教材ならテキストは筆記用具もいらないため、車内に持ち込むものも最小限で済みます。このように、待機時間を使って語学の学習ができる点はハイヤー乗務員ならではの環境です。待機時間はゆっくりと休憩できる時間ではありますが、その中の一部の時間を賢く使って無理なく語学を身につけ、外国人のお客様に心づくしのおもてなしを提供できるように準備しましょう。